日本会計史学会賞規定

(目的)
第1条 日本会計史学会賞は,本学会が会計史学の向上・発展に資するため,会員の優秀な著書・論文を審査・選定して,賞状及び賞金を授与し,その業績を汎く顕彰することを以て目的とする。
(審査すべき著書・論文の範囲)
第2条 学会賞は,当該歴年(1月1日から12月31日まで)中に発刊された会計史に関する著書・論文を原則として審査・選定の対象とする。
(審査委員会の構成)
第3条 1. 審査委員会は,会長及び会員中より選任された者6名,計7名の審査委員を以て構成する。
  2. 会長は審査委員会を招集し,議長となる。
  3. 会長をのぞく審査委員は,会員総会において会員の選挙によりこれを選任する。
  4. 会長をのぞく審査委員の任期は2年とし,重任は妨げない。ただし,連続2期を超えて就任することはできない。
(著書・論文の審査)
第4条 1. 審査委員会は,第2条の規程による候補著書・論文を審査して,授賞著書・論文を選定する。
  2. 審査委員会は,特に必要ある場合には,審査に関して他に諮問することができる。
(授賞著書・論文の発表)
第5条 審査委員会は,授賞著書・論文を会員総会で発表し,その執筆者に賞状及び賞金を授与すると共に,適当な方法によりこれを汎く一般に顕彰する。
(規程の改廃)
第6条 本規程の改廃は,理事会で決定し,会員総会で報告する。

(附則) 1. 本規程は1985年1月1日より実施する。


[home]