日本会計史学会 第22回大会プログラム

トップページに記しましたとおり,会場は京都学園大学(京都府亀岡市)です。なお,役員会等の日程は省略します。

第1日(8月21日)

12:30〜 受付開始 (光風館入口)
14:00〜15:30 会員総会
(光風館K21教室)
15:40〜17:00

記念講演会
司会者:興津 裕康 (近畿大学)
講演者:高田 正淳 (京都学園大学)

『会計不信の会計学・会計制度に与える影響
 −利益中心指向の背景と発展−』

(光風館K21教室)
17:20〜19:20
懇親会
(白雲ホール1F)

第2日(8月22日)

9:30〜 受付開始 (光風館入口)
10:00〜12:00

研究報告【自由論題報告】
司会者:高須 教夫 (神戸商科大学)

(光風館K21教室)
  報告者:相川 奈美 (九州産業大学大学院)
「イギリス産業革命期における原価計算システム
−Carron CompanyとBoulton & Watt Companyの標準概念−」
 
  報告者:金森 絵里 (立命館大学)
「イギリス1948年会社法におけるグループ・アカウンツ概念の成立とその意義」
 
12:00〜13:00 昼食 (光風館K22教室)
13:10〜16:20 研究報告【自由論題報告】
司会者:平林 喜博 (帝塚山大学)
(光風館K21教室)
  報告者:桑原 正行 (香川大学)
「20世紀初頭アメリカ会計理論における資本会計の生成」
 
  報告者:建部 宏明 (川口短期大学)
「わが国における原価管理思考の初期的段階」
 
  報告者:村田 直樹 (淑徳大学)
「19世紀運河・鉄道会社における現金主義会計と減価償却」
 

大会参加費は2,000円,懇親会費は5,000円です。


[ Home ]