20周年記念事業
「会計史データベース」
構築にかかるお願い


2001年1月
日本会計史学会
会長 平林喜博

会員各位

会計史学会設立20周年記念事業
「会計史データベース」構築にかかるお願い

拝啓 新春の候,会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

 日本会計史学会は来年をもちまして設立20周年を迎えます。当学会が現在かような発展を見せるにいたりましたのも,ひとえに会員の皆様からのご支援のたまものであり,厚く御礼申し上げます。

 さて,先日当学会として20周年を節目としました記念事業を行うことが提案され,会員総会及び役員会で承認されました。事業の柱の一つが会計史データベースの構築であり,これは当学会の設立以降20年間にわたる会計史研究の業績をデータベース化することを目的としたものであります。完成したデータベースは,当学会の設立後のあゆみを示すものでであると同時に,現在及び将来の研究者にとりましてきわめて有用なリサーチ・ディレクトリーとなることが期待されます。完成いたしましたデータベースは,学会のホームページ上で公開し,会計史研究者にとどまらず広く利用を促す予定となっております。

 つきましては,会員の皆様には,ご自身の業績を入力していただくことにより,ご協力を賜りたくお願い申し上げます。Microsoft Windows(R) 95以降で動作する業績入力用のソフトウェアを納めたフロッピーディスク,および当ソフトウェアの使用に関する簡単な説明書き,および完成したデータベースのイメージを記した文書を同封いたしております。この入力用ソフトウェアを使用して業績の入力をお願いする次第であります。もしも入力が不可能な場合は,印刷された研究業績のリストをご送付いただければと存じます。

 ご多忙の折,大変恐縮でございますが,会員の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

敬具


目次


[Home]

Copyright (c) 2000-2004 日本会計史学会.