会計史データベース入力指針

下の文書は,印刷可能形式(PDFファイル)でダウンロードが可能です。ダウンロードしたファイルを閲覧・印刷するにはAdobe社のAcrobat Readerが必要となります(無料)。

入力指針をダウンロードする(InputRul.pdf, 15KB)


会計史データベース入力ソフトウェア
制作入力指針

日本会計史学会
2000 年10 月

はじめに

この文書では,会計史データベースに入力するための指針を提供します。

1 目的

わが国における会計史研究業績を集約し,公開することを目的とします。対象となる期間は,下にも記しておりますが,日本会計史学会が発足しました1981 年から2000 年までです。

2 入力データの送付方法および送付先

入力データは,入力ソフトウェアの納められたフロッピーディスクに保存されます。入力が完了し次第,フロッピーディスクを各自郵送等により下記まで送付してください。締め切りは2001年3月末必着とします。

送付先:
〒657-8501
兵庫県神戸市灘区六甲台町2-1
神戸大学大学院経営学研究科 清水泰洋研究室

完成したデータベースは,第20 回全国大会において供覧の後,学会ホームページにおて一般にも公開する予定です。学会ホームページには,会計史データベースに関する追加訂正情報等も随時掲載します。日本会計史学会ホームページは,

http://www.b.kobe-u.ac.jp/aha/index-j.html

です。

3 入力対象に関する指針

データベースに入力される対象となる文献は,下記の出版物,時代という二つの要件をたす,会計史を研究する文献に限定されます。

出版物一般的な指針として,リストに入力可能な文献を,出版されたものに限定します。ワーキングペーパーや,学会の部会およびスタディグループ等が公表した報告書はこれに含みません。

時代リストに入力可能な文献は日本会計史学会発足年(1981年)の年初以降,2000年2月末日までに出版されたものとします。公刊予定のものは対象には含めません。また,文章がオリジナルのまま変更なく別の文献(たとえば書籍)に掲載された場合,後者につてはそれをデータベースには記載しません。オリジナルの論文は,上記の二つの条件をたす限りにおいて対象に含めます。

4 分類に関する指針

文献の分類は,会計学の対象領域,地域,時代という三つの観点から行い,この三つのみ合わせを一つの分類とします。また,それぞれの文献について,分類を二つ含めるこが可能です。

当該文献が会計学のどの領域に属しているのか,またどの地域の会計史研究か,そしての時代を対象とする研究かについてを表1 から表3 の区分に従い,選択肢からいずれかを選択してください(表1:領域に関する分類基準表2:地域に関する分類表3:時代に関する分類)。

上記の分類の記号を組み合わせ,一つの分類が完成します。たとえば「第一次世界大戦前(近代)のアメリカ合衆国の簿記に関する研究」は「III ・P ・7 」に分類されます。

5 入力方法に関する指針

一般的な入力方針として,下記の様式に従ってください。

6 特殊文字の入力

ソフトウェアの仕様上,このプログラムからはアクセント記号付きのアルファベットや字(リガチャ)を入力することが出来ません。そのため,これらの文字を表現する場合一般ルールとして,アルファベットの後ろに当該記号に近似する形状の記号を付し,一であることを示すためにかっこでくくってください。たとえば の場合,アクセント記「´」に近似する記号として「’」を選択し,(a’)と表記します。同様に,合字(たとえOE や )は,その前後をかっこでくくってください。たとえばOE の場合は(OE )と表記てください。具体例を表4 にあげます。かっこ内はキーボード後ろに付す記号に対する,般的なWindows 機のキーボードによる入力方法です。

7 文献種別ごとの留意点

それぞれの文献について,特に留意すべき点を述べます。

著書 著書には翻訳書や編著書を含みます。論文集の編著者である場合は,編者として著書に書名を入力します。この場合,共著者の欄に「訳」,「監訳」,「編」,「編著」と記してださい。この書籍に含まれるそれぞれの論文は,論文集中の論文として,入力してください。

論文 論文については,細分類を入力してください。

大学紀要の場合,出所の欄に紀要の名称を記し,それに続けてかっこ内に大学名を付しください(例:経済論叢(京都大学))。

表1:時代に関する分類

I 総説 IX 税務会計
II 基礎理論 X 公会計(政府・非営利組織会計)
III 簿記 XI 情報会計(コンピュータ会計,機械化会計)
IV 財務会計 XII 会計教育
V 原価計算 XIII 会計専門職業
VI 管理会計 XIV 会計法規
VII 監査 XV 伝記
VIII 国際会計 XVI その他(書評,資料,翻訳など)

表2:地域に関する分類

A 日本 K ドイツ(オーストリア,スイスを含む)
B 中国(台湾・香港を含む) L 南ヨーロッパ(スペイン,ポルトガル,ギリシャその他)
C 韓国・朝鮮 M 東ヨーロッパ・ロシア
D 東南アジア N 北ヨーロッパ
E 南アジア(インド・パキスタンその他) O オセアニア(オーストラリア,ニュージーランド,その他太平洋地域)
F 中近東・アラブ P アメリカ合衆国
G イタリア Q カナダ
H フランス R ラテン・アメリカ(メキシコ,ブラジルその他中南米地域)
I ネーデルラント(オランダ,ベルギー) S その他(特定の地域を研究対象とはしないもの)
J イギリス(アイルランドを含む)  

表3:時代に関する分類

0 古代〜現代(通史) 5 中世〜近代
1 古代(〜5世紀ゲルマン民族の大移動まで) 6 中世〜現代
2 古代〜中世 7 近代(〜第1次世界大戦終結まで)
3 古代〜近代 8 近代〜現代
4 中世(〜15世紀半ば東ローマ帝国の滅亡まで) 9 現代

表4:特殊文字の入力方法

(a') (Shift+7) (a") (Shift+2)
(a`) (Shift+@) (a^)
(a~) (Shift+^) (cc)
(AE) (ae)
(OE)    

 


[Home] [20周年記念事業トップ]

Copyright (c) 2000-2004 日本会計史学会.